M&A仲介に転職するには?仕事内容や転職のポイントを詳しく解説

M&A仲介の仕事に興味がある、M&A仲介企業に転職したいと思っている人も多いでしょう。そんな方のために、この記事では、M&A仲介の仕事内容や転職する際のポイントを解説していきます。未経験からM&A業界への転職はできるのか、重視されるスキルや有利な資格とは何かなども紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

M&A業界とは

M&Aとは企業の合併・統合のことです。大企業の統合や吸収合併はニュースで耳にする機会もあるかと思いますが、最近では少子高齢化による人口現象や経営者の高齢化によって、中小企業の事業承継を目的としたM&Aの需要が高まっています。

M&A仲介会社は、売手企業と買手企業をマッチングし、双方の利益を調整しながら円滑に契約を進めていくサポートを行うのが仕事です。設備投資が少なく利益率が高い、業界全体がにぎわっていることなどから、今後の成長が見込める業界といえるでしょう。

M&A仲介の仕事内容

M&A仲介とは、企業の合併や吸収の際に双方の企業の仲介に入り、中立的な立場から支援を行うのが仕事です。具体的には、売手企業の発掘、企業価値の算定、提案書の作成、買手候補企業の探索や打診、条件交渉といった業務を行います。

企業の合併や吸収における条件交渉には財務・税務・法務などの専門知識が必要になるため、当事者同士だけでM&Aを成功させるのは双方に詳しい人材がいない限り不可能です。そこで、M&A仲介企業が間に入って諸々の書類作成や調整を行い、スムーズな企業の合併や買収をサポートします。

FAとの違い

M&A仲介業者とFA(ファイナンシャル・アドバイザリー)は業務内容が近いため、しばしば混同されがちですが、サポート体制に違いがあります。

M&A仲介業者は、売手企業と買手企業のマッチングから条件交渉や契約成立まで、双方の間で中立的な立場でサポートを行います。

それに対してFAは、売手企業と買手企業のどちらかと個別に契約を結び、一方のみのM&Aをサポートします。

つまり、売手企業と買手企業の双方の間に立ってサポートを行うか、それぞれの立場でサポートを行うかが、M&A仲介会社とFAの違いです。

FAが売手企業と買手企業のそれぞれが自社の利益の最大化を目的として交渉を行うのに対して、M&A仲介業者は双方の利害関係を調整しつつ交渉を行います。このことから、M&A仲介業者のほうがFAに比べてM&Aを成約しやすく、契約成立後の両者の関係が友好的に続く傾向にあります。

 

M&A業界の平均年収

M&A業界の平均年収は1,300万円ほどで、給与基準の高い業界です。どうしてM&A業界の年収が高いのかというと、利益率の高い業界であることや成果報酬型であることが大きな理由です。

M&A業界は設備投資が少なく、高い利益率を見込めるコンサルティングビジネスです。取り扱う仲介商材が株式会社なので、大きな金額が動きます。高額な商材を取り扱っており、利益率が高いため、大きな利益を上げられるビジネスなのです。

そして、M&A業界は成果に見合った報酬を得られる給与体系を採用していることが多く、スキルを磨いて成果を上げれば上げるほどそれに見合ったリターンが得られます。

M&A仲介への転職で求められるスキル

M&A業界への転職は求められるスキルが高く、敷居が高いように感じるかもしれません。実際に、M&Aが成約するまでの業務は多岐に渡るため、多様なスキルが求められます。ここでは、どのようなスキルを身に付けていればM&A業界への転職に有利なのかを紹介していきます。

語学力

グローバル化の拡大に伴って、日本国内の企業同士だけでなく、国をまたいだM&Aの需要も高まっています。そこで、ビジネスレベルの英語力を身に付けている人は、M&A業界において価値の高い人材として重宝されます。

ビジネスレベルの英語力とは英語でミーティングが可能なレベルで、TOEICの点数でいうと800点台後半以上です。TOEICなどの客観的に英語力を証明できる資格を取っておくと、選考の際にアピールできて有利でしょう。

金融や会計の知識

M&A業務では、金融や会計に関する専門的な知識が必要とされます。

M&Aの仲介商材は株式会社です。買収資金が高額となるため、その取引には外部の金融機関や外部の投資家からの資金調達が必要になることもあります。M&Aには金融が密接に関わるため、金融の知識があるとM&A業界への転職に有利です。

売手企業の価値やリスクを調査することをデューデリジェンスといいますが、企業価値の分析には、経営状態を測る指標である損益計算書や貸借対照表などの財務諸表を用います。財務諸表を読み解くためには会計の知識が必須なので、会計の知識はM&A業界への転職において強みになります。

営業力

M&Aへの転職において重視されているスキルの1つが営業力です。これまでに2年以上の営業経験がある人や、経営者との折衝経験がある人が優遇される傾向にあります。

M&A業務のメインはコンサルティングですが、売手企業と買手企業をリサーチして案件を創出しないと業務が始まらないので、成果を上げるためには営業力が必要不可欠です。

M&Aは企業にとって一大事で、売手企業にとっては最後の大仕事となります。そのため、少しでも不信感を抱かれたら取り合ってもらえません。信頼感のある立ち振る舞いも、M&A業界で成果を上げるためには大切な要素です。

M&A仲介への転職で持っていると有利な資格は?

M&A業界への転職において、入社前に必須な資格はありませんが、簿記2級レベルの会計知識があると有利でしょう。また、選考においては公認会計士や税理士、中小企業診断士などの資格が歓迎条件とされていることが多いです。

さらに、MBAやM&Aエキスパート認定資格もM&A業界へ転職する上で強みとなります。MBAとは、ビジネススクールで経営学の大学院修士課程を終了すると授与される学位です。M&Aエキスパート認定資格は、事業承継・M&Aエキスパート協会(JME)が認定する民間資格になります。

M&A仲介への転職がおすすめな人は?

M&A業界は成果報酬制の企業が多く、仕事の成果が収入面に直結する業界です。そのため、向き不向きが他の業界よりも大きいといえるでしょう。ここでは、M&A仲介への転職が向いている人、向いていない人の特徴を紹介します。

M&A仲介に向いている人

M&A仲介の業務に向いている人は次のような特徴を持つ人です。

 

  • 新規開拓営業に苦手意識がない

M&Aの業務は売手企業や買手企業への営業から始まります。コンサルティングがメインですが、企業の経営者への提案力がなければそもそも案件が創出できません。そのため、相手に信頼してもらえるような営業力のある人材がM&Aのコンサルタント業務に向いています。

 

  • 個人の力を試したい

M&A業界は、安定した収入を求める人よりも、個人の力で収入を伸ばしたい人に向いています。M&A仲介会社は固定給よりもインセンティブの割合が高いところが多く、目指そうと思えば個人の収入を大きく伸ばすことができる環境です。したがって、自分がどこまで稼げるか挑戦したい人はM&A業界が向いています。

 

  • 事業承継やM&Aに関心を持っている

少子高齢化や人口の都市部集中による中小企業の後継者不足が問題となっています。こういった問題を解決したいと思っている人は目的意識を持って業務に取り組めて、成長にもつながりやすいため、M&A仲介の業務に向いています。

M&A仲介に向いていない人

反対に、M&A仲介の業務に向いていない人の特徴を見ていきましょう。

 

  • 安定した収入を求める人

基本給よりもインセンティブの割合が高い給与方式になっているため、経験の浅いうちは安定した収入を得るのが難しいでしょう。もちろん、成果を上げられれば高い報酬が得られるのですが、毎月一定の安定した収入を求める人にはM&A仲介は向いていません。

 

  • ワークライフバランスを重視する人

M&A仲介は、M&A市場が成長中であることや、M&A仲介企業が少ないことから激務となる傾向にあります。働きに見合ったリターンは大きいですが、確実に定時で上がりたい人にはおすすめできません。

 

  • 営業スキルに自信のない人

M&A業界では営業力と財務・税務・法務の基礎力が重視されます。専門知識に関しては、入社後に身に付けられますが、営業スキルを身に付けておいたほうが良いでしょう。実際に、未経験からM&A業界へ転職した人には、金融機関や保険会社で高い営業成績を納めていた人が多いです。

M&A仲介に求められる人材

ここまで、M&A仲介に向いている人と向いていない人の特徴を解説しましたが、ここからは実際にM&A仲介で求められる人材について解説していきます。

  • ホスピタリティを持っている
  • 折れない強い心がある

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ホスピタリティを持っている

M&Aは2社の今後の経営を左右する重要な契約です。M&Aが完了した後も、この2社は1つの企業として引き続き事業を行っていくわけですから、M&Aがどちらかにとって納得のいかないものになってしまうと、今後の事業継続に悪影響を及ぼす可能性があります。

M&Aにおいては、双方が納得する最大限の条件を見極めることが重要です。そのためには、M&Aを支援するあなた自身・あなたの会社の利益だけでなく、M&Aを行う2社のことを徹底的に考えて奉仕できることも大切といえます。

折れない強い心がある

M&Aをしたい企業はそう簡単に見つかるものではありません。見つかったとしても、あなたと一緒にやろうと意思決定してくれる会社が100%でもないので、最初の仲介契約までにかなり泥臭い営業活動をやっていく必要があります。

また、実際にM&Aを進めるにあたっても、なかなか希望条件にマッチする相手先が見つからなかったり、見つかっても話を詰めていく上ですれ違いが生じてうまくまとまらなかったり、ということも珍しくありません。そんなときに、「もうだめだ」「自分にはできない」と思ってしまっていては、この業界で長く続けるのは難しいです。大変な業務を任せられる業界だからこそ、心の強さは必須といえるでしょう。

中途採用でM&A仲介会社に入る条件

中途採用でM&A仲介会社に入る基本的な条件は、以下の3つだといわれています。

  • 大卒
  • 2年以上の社会人経験
  • 営業経験があること

営業といっても、業界が違えばその経験の内容は大きく異なりますが、それぞれのバックグラウンドをM&A仲介の仕事に生かせれば、就職の障害にはなりません。

実際に、サムライソウルを通じてM&A仲介会社に転職をした方の前職は、リクルートグループ、伊藤忠商事、三菱商事、楽天とさまざまです。M&Aにおける業務経験は未経験の方も多くいらっしゃいます。特に、日本M&Aセンターは、幅広いバックグラウンドの方を採用している傾向です。

経験の内容を問わないとはいえ、M&A仲介会社が中途採用の社員に期待するのは即戦力です。即戦力かどうかは、M&A仲介の仕事に含まれる3つの重要な要素を身に付けているかどうかで評価されます。

3つの重要な要素

M&A仲介の仕事に含まれる3つの重要な要素は、下記の3つです。

  • 新規開拓営業
  • トップアプローチ(社長や事業責任者への営業)
  • 金融スキル

3要素の要素のいずれかを経験していれば、書類選考の段階からM&A仲介会社に注目される可能性が高いでしょう。

逆に、ほとんど問題にされないのは学歴です。有名大学を卒業していたり、大学院以上の高い学歴があったりしてもプラスにはなりませんし、反対に学歴が理由で採用に至らないということもまずありません。M&A仲介会社の採用では、学歴は全く重要視されていないといっても過言ではないでしょう。

M&A仲介各社の採用基準

3つの要素を兼ね備えた人材が求められているのは当然として、会社によって3要素のどれをより重視するかは異なります。営業力があれば金融の知識や経験をほとんど問わない会社、金融に関する知識と経験があれば営業力は後から身に付くだろうと考える会社など、さまざまです。

こうした採用の傾向は、経営者の経歴に関係している場合が多く、社内の雰囲気にも大きく影響します。営業力を重要視する会社には人の懐に入っていくスキルを持った人が集まりますし、財務の知識に重きを置いて採用する会社では理論的な仕事の進め方が社内での信頼につながるのです。

自身のキャリアを振り返り、ジョブディスクリプション(職務経歴書)をまとめる際には、新規開拓営業で残した成果や携わった案件の規模、トップアプローチの事例、金融スキルを伝える具体的なプロジェクト内容を数字とともに示し、自分がどの領域に強みを持っているか明確にしましょう。 

その上で、M&A仲介の各社が求めるスキルや経験とすり合わせ、入社後に期待されるキャリアにミスマッチが生じないようにしてください。

会社によって、研修に力を入れる日本M&Aセンターから、OJTで現場経験を積むM&Aキャピタルパートナーズ、ストライクなど、カラーや入社後の人材育成に大きく違いがあります。

また、新しいスキルを身に付けてもらいたいと考えて、年齢を重視する会社もあります。若い人ほど新しく身に付けたスキルを発揮して現場で活躍できる期間が長くなり、将来会社に貢献する可能性が高い、という評価がされるのです。そういう会社では、30代以上の採用はあまり多くありません。

就職活動の際には、こうした考え方や方針が自分に合うかどうかをしっかり見極める必要があります。

M&A仲介に転職するポイント

M&A業界は、高い収入が見込めることや、M&Aの需要が高まっていることから転職市場で人気の業界です。即戦力のある経験者が優遇される傾向にあるため、同じ業界から転職する場合と他の業界からの転職する場合では難易度が異なります。

M&A業界からの転職

同じM&A業界から転職する際のポイントは下記の2点です。

 

  • 前職での経験を生かす

M&A業界からの転職であれば、基本的なスキルは身に付いているはずなので、未経験からの転職よりもハードルは下がります。経験があることが前提で選考が行われるため、選考の際は即戦力として期待されるでしょう。前職での請負案件やその際の自分の活躍を説明できるようにしておくと、自分の能力をアピールしやすいです。

 

  • 資格を取得しておく

いくら実践経験を積んでいるといわれても、どのくらいのスキルがあるのかを履歴書や面接だけで判断するのは企業にとって難しいです。客観的にスキルの有無を判断するための材料として有効なのは、やはり資格でしょう。

M&Aエキスパートなどは、実践経験を積んでいれば未経験者と比べれば比較的取得しやすい資格なので、M&A業界で働いていて同業界へ転職を考えている人は、今のうちに資格を取得しておくと転職しやすくなるでしょう。

他業種からの転職

M&A仲介は求められるスキルが高いため、即戦力となる経験者のほうが転職に有利だと思われがちです。しかし、未経験からの転職は不可能ではありません。経験がなくてもポテンシャルを買われて採用されることもあるのです。

実際に、M&Aとは関係のない業界からM&A業界に転職して収入を大きく伸ばしている人も珍しくありません。他業種出身者がM&A業界に転職する際のポイントは下記の2点です。

 

  • まずは小規模なM&A仲介会社への転職を目指す

いきなり大手M&A仲介企業への転職はハードルが高くても、小規模な企業でM&Aの経験を積んでから、その経験を武器に大手M&A企業へ転職するのであれば難しくありません。小規模案件は大規模案件に比べて比較的短期間で成約するため、小規模案件に注力するM&A会社では多くの案件を経験できます。

業界未経験の人は、まずは小規模のM&A仲介会社への転職を目指すのが良いでしょう。

 

  • 転職エージェントの力を借りる

転職エージェントには、さまざまなM&A業界の求人が集まります。M&A仲介企業の中には特定の業界に特化した案件を扱う企業もあるため、M&Aに関しては未経験でも前職の業界のノウハウを業務に生かせることがあるのです。転職エージェントに依頼すれば、自身の経歴や能力を生かせる企業とのマッチングを期待できるでしょう。

M&A仲介への転職に関するQ&A

ここからは、M&A仲介企業への転職に関してよくある質問をQ&A形式でまとめて紹介していきます。

転職難易度は? 

M&A業界への転職難易度は、スキルや年代によって異なります。20代であれば地頭の良さなどのポテンシャルを見られることが多いため、未経験からの転職でも成功する可能性は十分にあるでしょう。

30代になると、未経験の転職も可能ではありますが、20代に比べると可能性は下がります。未経験の30代の人でも、金融知識や会計スキルが備わっていれば採用される可能性はあるでしょう。一般的には、30代後半までが未経験からのM&A業界への転職の上限だといわれています。すでに経験がある方であれば、40代以降の転職も難しくありません。

未経験からでも転職は可能?

M&A業界への転職は未経験からでも可能です。未経験でも、金融知識を持っている人や営業力のある人は積極的に採用する傾向にあります。具体的には、銀行や証券会社、保険会社の営業や大手企業の営業からの未経験の転職が非常に多いです。

金融知識が不十分で転職できるか不安と思っている方も多いかもしれませんが、これらの知識は入社してから身に付けていけば良いため、入社前の必須スキルとしている企業はそう多くありません。

それよりも、M&A業界への転職では営業力が重視されます。新規営業の経験や経営者との商談経験がある人はM&A仲介企業への転職に有利です。

また、M&A仲介企業で求められている人材としては、M&Aについて関心を持っていて役に立ちたいという気持ちのある人が挙げられます。M&A業界のハードワークにやりがいを見出し、成長していくためにはスキルだけでなくモチベーションが大切です。未経験者の転職ではM&A業界で活躍できるだけの気概があるかどうかも重要なポイントの1つです。

M&A仲介の将来性は?

国内マーケットの成長鈍化に加え、国内の少子高齢化により事業承継の必要性が高まっていることなどから、M&A市場は今後もにぎわっていく見込みです。中小企業の事業承継型M&Aがメジャーになってきたのは最近のことなので、M&A仲介会社の数は需要に対して相対的に少なく、まだまだ成長の見込みがあります。

コロナショックの影響が気になるという方もいるかもしれませんが、深刻な影響はなくM&A業界はいまだ成長を続けています。バブル崩壊やリーマンショックなど、これまでの経済危機では金融市場にもその影響が及び、業界の動きが止まったのに対して、今回のコロナ危機では買収資金を提供する金融機関の融資が続いているため、今後もM&A業界は成長を続けると見込まれています。

M&A仲介を経験した後のキャリアは?

M&A業界はトップクラスの収入水準の業界なので、他業界へ転職すると収入が大幅に下がることが多いです。そのため、M&A仲介会社を経験した後のキャリアとしては、同じ業界内でさらに待遇の良い企業への転職や独立が一般的です。

M&A業界のトッププレイヤーの年収は数億円にものぼるため、早期リタイヤを目指す人もいます。また、最近ではM&Aのノウハウをもとに自らが中小企業を承継して、経営者へと転向するケースもあります。

M&A業界は専門性のある知識を幅広く扱うので、どんな業界に転職するにしても有利です。経営者としても役立つスキルが身に付くことから、M&A業界は幅広くキャリアアップを目指せる業界といえます。

M&A仲介への転職ならサムライソウルへ

M&A仲介企業への転職を検討しているなら、ぜひサムライソウルにご相談ください。サムライソウルでは、M&A仲介企業への転職を成功させた多くの実績があります。

企業が求める人材と転職希望者の求める条件をマッチングさせ、多くの実績を積み上げてきたサムライソウルが、あなたの転職を全力でサポートいたします。M&A業界への転職を考えている方は、ぜひ下記のフォームからお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら

まとめ

少子高齢化による人口減少や経営者の高齢化が問題となっている昨今、事業承継のニーズが高まりM&A業界は市場規模を拡大しています。 M&A業界は国内トップレベルの平均年収を誇っており、転職市場でも人気の業界です。

優秀な人材が求められる業界のため、転職難易度は高いですが未経験でも転職できる可能性はあります。転職で特に重要視されるのは営業力です。会計の基本的なスキルさえあれば専門知識は入社してから強化できるため、面接では営業力を中心にアピールすると良いでしょう。

 

\/
無料で転職相談をする