リクルート人事に聞いた、契約社員(CV)の面接NG例

こんにちは、サムライソウルの粕谷です。

弊社ではリクルートへの総合社員(正社員)への転職はもちろん、契約社員(CV)への転職のお手伝いもしています。
毎月たくさんの求職者の方の面接をセッティングしていますが、面接後に人事から戻ってくる採用可否とその理由を見ていると、契約社員の採用要件がかなり具体的に見えてきます。

正社員の不採用理由についての記事と併せてご覧ください。
リクルートの中途面接で実際にあった不採用理由 ver1
リクルートの中途面接で実際にあった不採用理由 ver2

人物、キャラクター観点でのNG

面接でNGになったケースの3大理由の1つは人物、キャラクター観点でのNGです。

実際にNG理由として人事から以下のようなコメントが返ってきました。
・敵を作りやすいタイプとお見受けしました
・表情が硬く、話が端的でクライアントの懐に入れるイメージ持てませんでした
・相手の反応を気にするタイプのため、営業として売れるか不明
・コンプレックスが非常に強い印象があり、社内、社外での関係性構築に懸念が残る
・対人部分については、不慣れな部分が大きい印象

契約社員は営業職のポジションが多いため、営業職という観点でのフィードバックが多くなっていますがクライアントに限らず社内での関係性構築の面でもキャラクターというのは非常に重視されます。
営業職であればなおさら、クライアントの懐に入れるキャラクターであるかは重要視されます。
営業先も大手というよりは中小の経営者が中心ですのでそういった人たちから信頼され、仕事を任せるような人間性が求められます。

社会人スキル観点でのNG

2つ目は社会人スキル、特に思考力です。

・少し複雑な質問を出した際の回答に浅さが見られ、企業相手では厳しい
・課題解決面でベースの思慮が浅く、周囲の意見に疑問をもたず受け入れる傾向が目立つ
・物事の決定においての理由、背景が浅く、経験から学習してきたことがみえない
・物事を平易にとらえている観があり、客観的自己理解においても幼さが見える
・言語化能力に乏しい
・課題解決面においては、表層的なものごともにとらわれがちで、思考の浅さが目立つ。

契約社員に応募される方は若手が多いので、このコメントもすべて若手の転職希望者に対して人事から頂いたフィードバックです。
社会人経験も浅い方が多いので、前職での経験やパフォーマンスについて深く聞かれるというよりは、社会人以前も含めたこれまでの人生でどのような経験を積み、そこから何を学び、どう意思決定してきたのか。
新卒採用に近い価値観や根底に流れる考え方が見られる傾向にあります。
その中で、「思考の浅さ」は毎回ネックになるポイントです。
面接対策である程度カバーできる部分もありますので、事前準備はしっかりする必要があります。

入社目的観点でのNG

3つ目は入社目的観点でのNGです。
これは契約社員の採用ではかなり重視されるポイントです。

●転職目的や自己目的の軸が曖昧なため、困難な状況に陥った際に、立ち戻れる軸がなく、周囲の感情や曖昧な思考に流される傾向が懸念される。
●次の目的が余りに醸成できておらず、入社後どこかで自己目的とそぐわない点が出てきうることが懸念される

要は転職目的が曖昧、ということです。
「卒業後にこんなことをしたいからそのために3年間こんな力を身に付けたい。」というところまで明確な人ばかりではありません。
ただ、あまりにもその軸がないと、入社後に辛いことがあった時に「でもこの目的のために頑張ろう」と立ち戻れる軸がないので逃げ出してしまう懸念があります。
3年限定だからこそ3年間は腹をくくって自分の成長のためにやりきってほしい、というのが人事の思いです。
そのため3年間をやりきれるイメージがない人はNGとなります。

3つのNG例は面接の事前練習である程度は回避できる

リクルート契約社員の採用面接でNGになる例として
①人物、キャラクター
②社会人スキル
③入社目的
という3つの観点でお話してきました。

ただこれらのNG観点は面接の事前練習である程度回避できます。
キャラクターやこれまで歩んできた人生はもちろん変えられません。
ただそれをどう捉え、どう伝えるかは変えられます。

この変えられる部分にフォーカスして、どう面接を突破するか。
この点については自信を持ってサポートできますので不安のある方は是非以下からお問い合わせください。

■リクルートへの転職希望者はサムライソウルまで

サムライソウルでは、リクルート出身者だからこそできる転職サポートがあります。

(1)リクルート出身者だからこそお話できること

―分社化したけど、どの会社がいいか?
―仕事内容は?
―社風は?
―面接の内容は?

実際に、新卒から8年間リクルートにいたからこそお話できることがたくさんあります。
採用面接官の経験もあるので、面接で何を聞かれるか?どこを見ているか?もお話できます。

(2)リクルート社内の豊富なネットワーク

転職に大切なのはネットワークだと考えています。
ある部署では必要ない方も、ある部署だと必要とされる、こんなことがつきものです。
リクルートのどの会社がいいか?どの仕事がいいか?キーマンは誰か?当社はきちんと把握しています。
またどのポジションを受けるにしても、迷った時は社員をつないだり、質問を聞く事などで対応することも可能です。

(3)最短距離での転職をお手伝い

リクルート各社の人事や現場責任者はかつての同僚も多く、より精緻な情報提供が可能です。
相談を希望される方はこちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせはこちら

転職相談は
こちら