企業は転職者の学歴を見ている|学歴に自信のない人が転職するには?

「学歴で人を判断するのは今の時代にそぐわない」と言われつつも、履歴書の記入項目には必ず「学歴」があります。

応募数が特定の時期に集中する新卒採用では、面接で見極める前に候補者の人数を絞るための「学歴フィルター」なるものが存在すると言われています。

新卒学生には職務経験が無いため、「学歴」も1つの成果とみなされるのも納得できますが、職務経験を重ねた中途採用ではどうでしょうか?

実は、世の中の多くの企業は転職者の「学歴」を見ており、選考結果にも関連性があります。

 

今回のテーマは、【学歴 × 転職】の関連性です。

「学歴は採用の合否に影響するのか?」
「企業は学歴から何を読み取っているのか?」
「現状、学歴に自信がない求職者はどうすればいいのか?」

以上の疑問に、幅広い業界の求人企業と深く長い関係性を築き、数々の求職者をサポートし続けてきた転職のプロの視点でお答えします。

 

なぜ多くの企業は転職者の「学歴」を見ているのか?

冒頭でも申し上げた通り、転職者の学歴と選考結果には関連性があります。

企業が転職者の学歴を見る理由は、主に2つあります。

  1. 応募数が多すぎて、1人ずつじっくり見極める時間がない。
  2. 統計上、活躍している人材と学歴の相関性が高い。

 

(1)応募数が多すぎて、1人ずつじっくり見極める時間がない。

新卒採用か中途採用かに関わらず、応募が殺到するような有名企業は学歴で足切りすることがあります。

企業としては、求職者と対面を重ねて1人ずつ見極めるのが理想ですが、何百人、何千人と対応するのは現実的ではありません。

また、志望動機や自己PR、職務経歴は個々の書類に目を通すだけでも時間がかかりますが、最終学歴だけであれば容易にふるい落とすことができます。

このように求職者からの応募数が多い企業では、学歴を合否の判断基準にする場合が多いです。

 

(2)統計上、活躍している人材と学歴の相関性が高い。

企業が転職者に求めるものは、これまでの職務経験、スキル、仕事に対する価値観など様々ですが、その条件の中に学歴そのものが含まれることはほとんどありません。

しかし、採用後の活躍や定着の結果から「学歴」を判断基準の1つに含めるべきと考える企業も少なくありません。

 

弊社とお付き合いのある求人企業様からは、下記のようなお話をよくお聞きします。

  • 過去の”採用結果から見て”、学歴の高い人の方が、地頭が良くビジネスマンとしてのスキルも高い人が多い。
  • 書類選考でふるい落とす基準にはしないが、“結果的”に通過しているのは学歴が高い傾向がある。
  • 自社の”統計上”、自社の活躍人材と学歴の相関性が高いため選考でも考慮する。

これらの意見からも見られるように、学歴はマストの採用条件ではありませんが、統計的には採用決定率との相関性があるため、企業は評価基準の1つとして学歴を参考にするのです。

転職者の学歴に対する評価とは?【人生のあるポイントにおける成果】

以上で述べたように、学歴だけで採用が決まることはありませんが、多くの企業が転職者の合否の判断基準に「学歴」を含んでいるのは確かです。

では企業は学歴を何の判断基準としていて、転職者の学歴に何を期待しているのか?

 

(1)学歴の高さは、一定レベルの地頭の良さや性格を示す根拠となる

学歴の高さは「人生のあるポイントで頑張った結果」です。18歳付近の努力や成果を示すライセンスのようなものとも考えられるでしょう。

高学歴であることが、一定レベルの地頭の良さや資質(知識欲、目標達成に向けた努力)の根拠にもなります。

転職者が20代~30代前半の場合、職務経験があるとはいえ、まだ仕事での実績が少ないこともあるため、学歴も過去の成果の一部とみなすことが多いです。

30代後半~40代になってくると、しっかりと語れる仕事の実績が必要になりますが、それでも「学歴を全く見ない」ということはありません。

学歴の良し悪しは昔からの一般的なイメージで判断されることがあります。例えば「MARCHもしくはそれ以上の大学を卒業していれば、地頭は良いだろう。」といった感じです。

この学歴のイメージだけで採用の合否を決めることはありませんが、学歴は転職者の人物像の一部として捉えられます。

 

(2)個々の学歴が高いと、ネットワークで事業の幅や組織の成長に繋がる

高学歴と言われる名門高校や大学で過ごすと、社会人となったときに、自分の友人グループや周りの知り合いなどに、様々な会社で活躍している人が多くなります。

業界の重要人物と繋がることも珍しいことではなく、人脈の広がりによって仕事の幅を広めていくことができるため、お互いの市場価値を高めるきっかけにもなるでしょう。

また個々が人脈や能力の幅を広げていくことは、企業としても事業の幅を広げるチャンスが増え、組織の全体レベルを底上げすることも期待できます。

学歴が重要視される業界・職種とは?【転職者の活躍要素として学歴が必要】

転職者の人材評価軸として、学歴を特に重視している企業もあります。

  • 総合商社
  • コンサルティングファーム
  • 広告代理店
  • 通信インフラ
  • 金融

上記の業界トップクラスの企業においては、「応募数が殺到しているため学歴で足切りをかける」「地頭の良さを期待している」という理由以外にも、学歴に対する「ブランド志向」が強いことも挙げられます。

その理由の1つとして、世間のイメージとして上記の業界は一流大学出身の人が働いているイメージが強く、それぞれ相対するクライアントもそれを当然と思っています。

 

例えば、コンサルティングファームのクライアントは、基本的に誰もが知っているような超大手企業ばかりで、その役員クラスの方は高学歴な方であることが多いです。

お互いに高学歴であることが前提なので、提案する内容そのものよりも、教養や海外経験といったコンサルタント自身のブランディングが重視されることもあります。

極端な話、「○○大卒のコンサルタントだから信頼できる」「高学歴じゃないコンサルタントの言うことはちょっと不安」といった話は本質からズレているように思えますが、学歴はクライアントからすれば信頼できるかの大事な判断軸です。

実は、日本国内の大学を既に卒業しているのにも関わらず、コンサルタントとしての箔(ハク)を付けるために、ハーバード大学を卒業したという人もいます。

 

こういった話からも、学歴は単純なブランドではなく、やはりそれほどの努力ができる人や地頭の良さとの相関性が高いと言えるのではないでしょうか。

このように、一部の業界・職種では、活躍できる人材の要素として学歴が重要視される場合があります。

学歴に自信のない人が転職するには?【キャリア設計に基づく企業選定が重要】

ここまででお話した通り、どんな企業も転職者の学歴には必ず目を通し、有名企業や人気企業、また業界トップの企業になればなるほど、学歴と採用基準の関連性が深まる傾向があります。

では、現時点で学歴にそんなに自信がないという方が「目指したい職業」に就けないのかというと、そんなことはありません。

Webデザイン、プログラミングなどのスキルが重視されるIT系職種もありますし、未経験でも応募できる職種や学歴不問の求人もあります。

ただし、学歴は転職にとても重要な要素なので、まずそのことは現実として受け止めましょう。

 

学歴によって一番最初に選択できる求人企業には限りがありますが、まずはその中で成長ししっかりと次に繋がる実績を残していくことが大事です。

そのためには、自分が実現したいことを明確にし、そのキャリア設計に基づいて求人企業を選定しなければなりません。

この企業選択を間違ってしまうと、転職先で期待していた経験を積むことができず、キャリアアップも遠退いてしまいます。

 

こういったことを自分で解決することが難しい場合は、転職エージェントに相談することも検討しましょう。求職者1人では難しいキャリア設計や求人企業選びのアドバイスを受けることができます。

転職エージェントは、求職者が「目的地(実現したいこと)」に到達する手段の1つとして転職先の企業を提案し、その達成に向けて求職者をサポートします。

学歴やこれまでの職歴に対する不安だけでなく、転職活動でわからないこと、迷っていることがあれば、一度相談してみることをおすすめします。

\/
無料で転職相談をする