転職エージェントの効果的な使い方・上手な付き合い方【転職活動を成功させるために知っておくべきこと】

本記事では、転職活動の成功率を上げるための、転職エージェントの効果的な使い方、転職エージェントとの上手な付き合い方についてまとめています。

「転職エージェントの上手な利用方法がわからない」
「登録してみたものの、想像していた感じと違った…」

転職エージェントの役割や特徴、また求職者をどのように転職成功に導いているかを事前に知っておくことで、上記のようなリスクを軽減することができます。

また転職エージェントと良好な関係を築くことで、転職エージェントが持つ機能をさらに効果的・徹底的に引き出しやすくなります。

 

①転職エージェントを使う価値とは:「求職者の転職活動を成功させること」

転職エージェントによる転職サポートを効果的に使うためには、まず転職エージェントが担う役割や機能を理解しておく必要があります。

転職エージェントの一番の役割は、「求職者の転職活動を成功させる」ことです。

サービス内容は転職エージェントによって異なりますが、その多くは下記4つの機能を持っています。

  1. 求職者に合った求人企業の紹介
  2. 転職活動における煩雑業務(日程調整・書類の準備・管理)のサポート
  3. 求職者の転職市場における市場価値の見極め、適正年収の把握
  4. 合格可能性を高めるための企業・業界の情報提供や選考のアドバイス

 

また、他の転職方法との違いとして、転職エージェントは下記3点を同時に満たしているという強みがあります。

  • 転職者と求人企業に対する客観的・俯瞰的な視点を持っている。
  • 過去の転職者データ転職活動のノウハウが蓄積されている。
  • 常時、業界の動向を観察・分析し、求人企業の事業戦略や内部情報を把握している。

 

以上のような、求職者が自分で準備することが難しい「転職エージェント」ならではの機能を、効果的にかつ徹底的に引き出せるかといったところに、転職エージェントを使う価値が詰まっています。

 

②転職エージェントの選び方:「自分が何を求めているかを明確にする」

求職者にとって転職エージェントは、転職を成功させるという同じ目標を持つ大切なパートナーであり、その相性の良し悪しが転職活動の成果に直結すると言っても過言ではありません。

転職エージェントの選び方のポイントには、下記のような「求人数」「業界」「職種」「役職」「地域」などの条件があります。

  • 業界:金融、IT・インターネット、メーカー、医療、食品、流通・小売、広告、コンサルティングなど
  • 職種:人事、総務、財務、法務、エンジニア、営業、マーケティング、など
  • 役職:スタッフ、リーダークラス、管理職、ミドル・シニア案件など(呼び方は様々)
  • 他、独自の強み:外資系企業に強い、女性に強い、地方に強いなど

 

上記の条件を組み合わせた専門分野における求人案件を扱うものは専門特化型エージェント、幅広い業界・職種にまたがって大量の求人案件を扱うものは総合型エージェント、と呼ばれます。

いくつもの中から自分に合った転職エージェントを選ぶ上で最も重要なことは、「自分が何を求めているのかを明確にすること」です。

初めての転職の場合は、転職活動に関して不明点が多く、「そもそも転職すべきなのかどうか」といったことも含めて、転職エージェントに相談することになると思います。

相談時には自分が求めるものを明確化した上で、「自分のニーズに沿ったアドバイスをもらえるか」「自分の現状や目標を把握しようとしてくれるか」などの視点を持って、自分に合う転職エージェントかどうかを判断しましょう。

 

③コンサルタントとの面談のポイント:「現在地と目的地を共有する」

転職エージェントは、求職者が「目的地(将来の目標や夢・人生で実現したいこと)」に到達するための手段の1つとして転職先の企業を提案し、その達成に向けて求職者をサポートします。

もちろん実現したいことを達成するための最適解が「転職」でないこともあり、そういったことを見極めて提案するのも転職エージェントの役割です。

コンサルタントとの面談は、「現在地(現状の実力や過去の成果)」と「目的地(未来の目標)」を知ってもらう大切な情報共有の場であり、転職を成功させるためのファーストステップとなります。

現在地は求職者の市場価値や能力を見極めるのに必要ですし、目的地が曖昧であればそこに誘導するような提案もできません。

よって、目的地も現在地もわからないままでは、話が全く進まないため、最低でもこれまでのキャリアは事前に整理しておくことをお勧めします。

  • 自分の能力や経験(履歴書・職務経歴書)
  • 目標・実現したいこと(仕事・プライベート・人生における目標)
  • 転職先に希望する条件

※必ずしも書面でまとめておく必要はありませんが、せっかく自分の時間を作って転職エージェントと話をする機会ですので、当日の面談が薄い内容で終わってしまうと勿体ないです。

整理の仕方や伝え方は自分なりで結構ですが、事実と感情を分けて整理して準備をしておいた方が、スムーズに次のステップへ進めます。

 

④転職エージェントの上手な使い方・付き合い方:「相互的・協力的な信頼関係が要」

求職者が転職エージェントからの密なサポートを受けるためには、自分自身をよく知ってもらい、また相互の信頼関係を構築することが重要です。

  1. 行動の目的を明確にする
  2. 転職エージェントに本音の情報を伝える
  3. 転職エージェントを単なる業者扱いをしない

(1) 行動の目的を明確にする

繰り返しになりますが、転職エージェントを選ぶ時や面談時でも、軸となるのは「自分は何を求めているのか」です。

初めての転職で何をすればいいかわからないにしても、「何となく転職した方がいい気がしています」というのと、「現職でのスキルアップが停滞してきたから、転職も視野に入れています」というのでは、キャリアを考えていく上でのスタート地点が違います。

自分はなぜ転職エージェントに相談するのか?という目的に立ち返れば、依頼事項も明確化・具体化できるはずです。

  • 「○○ヶ月以内に転職したいと考えている場合、最初に何を準備すればいいか、いつまでにどんな情報が必要か教えて欲しい」
  • 「今自分が考えているキャリアに自信がないので、一度話を聞いてもらったうえでアドバイスが欲しい」

「なぜ転職したいと思うのか?」「なぜ転職が必要なのか?」と自分の行動に対する目的を掘り下げるように心がけましょう。

 

(2) 転職エージェントに本音の情報を伝える

バレるバレないの問題ではなく、能力や経験などに偽りがあると、転職エージェントはその人の市場価値を正しく見極めることができません。

少しでもレベルの高いところへ転職したいという気持ちから経歴を偽っても、転職エージェントがその人を真の実力を把握していなければ、適切な求人紹介や選考対策ができません。

結果として転職活動が失敗に終わってしまっては本末転倒です。

また転職活動は少なからず、現状の不満やネガティブなことがきっかけに転職を考える方が多いです。ただ企業の面接では、不満やネガティブなことを口にすると、「他責」「環境のせいしている」「ネガティブ思考」ということで、不合格の烙印をおされてしまうことがありますが、転職エージェントとの面談時にはできるだけ本音の転職理由を語るようにしましょう。

転職理由や志望動機が面接に不利になるようなことであっても、転職エージェントに話した内容が求人企業に共有されるというわけでなく、むしろどのように伝えればいいか、他の考え方はできないかという対策ができます。

信頼関係を構築するためにも、納得のいく転職活動をするためにも、全てにおいて包み隠さず事実を伝えます。

 

(3) 転職エージェントを単なる業者扱いしない

転職エージェントは、確かに書類やスケジュールの管理など、自分でやると面倒な業務もサポートしてくれますが、転職エージェントの役目はそれだけではありません。

転職エージェントと求職者は、「転職活動の成功を実現する」という同じ目標を持つパートナーの関係にあります。

たとえ限られた機会と時間であっても、「人」と「人」との関係であることを意識して、お互いの信頼関係を構築することが重要です。

目的地に到達したい求職者本人と、到達してもらいたいエージェントの相互的な協力・信頼関係によって、転職活動の成否が決まると言っても過言ではありません。

また希望の転職先に入社が決まった暁には、転職エージェントと転職者が同志として一緒に食事をしながらこれまでの戦いを振り返るといったこともあります。

数年に1度のタイミングで転職の機会が訪れることも珍しくなく、再び転職を考えることになった場合に、また相談ができるような長い付き合いができれば理想です。

最後に

転職エージェントの効果的な使い方、上手に付き合うコツをまとめます。

  • 転職エージェントには、客観的な視点・転職活動のノウハウ・適正年収の相場観など、他の転職方法にはない強みがある。
  • 転職エージェントを選ぶ際には、まず「自分が何を求めているか」を明確にする。
  • 転職エージェントとの面談は自分を知ってもらう大切な機会であり、現状の自分の能力・スキルやこれまでの経験は、最低限の準備として整理しておくべきである。
  • 転職エージェントと求職者は、「転職活動の成功を実現する」という同じ目標を持つパートナーの関係にある。

 

サムライソウルでは、一人ひとりと丁寧なカウンセリングを行い、求職者のニーズに寄り添った求人提案と転職活動を全面的にサポートしています。

これまでに培ってきた独自の転職ノウハウを駆使して、ご自身の想いの言語化から面接対策、そして内定、と目的地まで伴走します。

  • 現時点ではまだ業界や職種を絞りきれていないけど、キャリアの相談をしたい。
  • 初めての転職で何から取り組めばいいかわからない。

という方も、是非お気軽にご相談ください。

\/
無料で転職相談をする