リクルートスタッフィングに転職するには?年収や働きやすさを解説

リクルートグループの企業の1つで、主に人材派遣事業を中心にビジネス展開をしているリクルートスタッフィング。今回はリクルートスタッフィングへ転職を検討されている方向けに、リクルートスタッフィングに転職するポイントや会社概要、社風、面接フローなどを紹介します。

リクルートスタッフィングに転職するポイント

リクルートスタッフィングは、リクルートグループの中で人材派遣業を中心に事業展開しています。Workstyle Makerとして、さまざまな人の「らしさ」を尊重した働き方ができる社会を作ることをミッションとして掲げています。待遇も比較的高く、裁量も大きいため従業員の満足度も高く、転職市場では人気な企業の1つです。

 

そんなリクルートスタッフィングでは、挑戦を歓迎する社風で、若い人でも実力次第でさまざまな経験を積める環境なので、自ら挑戦していく意思があるというのをアピールすると良いでしょう。

リクルートスタッフィングの会社概要

会社名 株式会社リクルートスタッフィング
本社所在地 東京都中央区銀座8-4-17
代表取締役 山本 慎也
設立 1987年6月
資本金 19億3,940万円
売上高 2,294億円(2021年3月期)

参照:株式会社リクルートスタッフィング

特徴

リクルートスタッフィングは、「自分らしい働き方を一人でも多くの人が実現できる社会に」していくことをミッションとして掲げています。人材サービス分野のパイオニア的存在であるリクルートグループの一員として、主に人材派遣事業という切り口で、派遣スタッフさんたちが経験や制約にとらわれず、ライフスタイルに合わせた柔軟で多様な働き方ができるようにするための提案をしています。

事業内容

リクルートスタッフィングでは、人材派遣業を中心として大きく3つの事業を展開しています。

  • 紹介予定派遣

人材派遣のミスマッチを防ぐための事業です。人材派遣のお試し版的なもので、一定期間試しに人材派遣を活用することで、求職者と採用企業のミスマッチを防ぐことができます。

 

  • 人材派遣

一般的な人材派遣サービスで、企業に対する人材の派遣を、企画から実行まで担う事業です。働く人と企業の双方の想いを理解し、柔軟で多様な働き方を実現するための支援を行っています。

 

  • アウトソーシング

こちらは人材派遣のみならず、業務改善や運用まで含めて企業の人材戦略を最適化するサービスです。事業戦略・業務特性を元にコストダウンや生産性向上に貢献します。

業績

2020年3月期までは、売上高、営業利益ともに右肩上がりで成長しており、2020年3月期で売上約2,227億円、営業利益約154億の着地でした。

 

しかし、人材業界はどうしても新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けやすく、2021年3月期については、売上高こそ微増しているものの、営業利益は減少しています(売上約2,294億円、営業利益約150億円)。

将来性

直近数年はコロナの影響が長引いて多少事業が停滞する可能性がありますが、売上高の維持はできているため、大きな問題はないでしょう。

 

派遣法の改正によって、派遣として働く人の雇用条件の見直しなどがされているため、今後派遣として働くことを考えている人も少なくありません。終身雇用が当たり前ではなくなっている今、正社員として働くメリットと派遣として働くメリットを考慮して派遣を選ぶのも珍しくないので、今後派遣事業が盛り上がっていく可能性もあります。

 

リクルートグループという盤石な基盤の元で人材派遣ビジネスを提供するリクルートスタッフィングの業績も、将来性が期待できるのではないでしょうか。

リクルートスタッフィングの働きやすさ

次に、リクルートスタッフィングの待遇面、働く環境について紹介します。

年収

リクルートスタッフィングは、平均年収が620万円前後となっており、業界平均と比べると高い傾向です。ミッショングレード制という評価制度を運用していて、営業目標などのミッションの達成具合とグレード(役職に似た概念)によって固定給が決定されます。その他職種によってはインセンティブなどもあるため、平均年収よりも高くなる可能性もあるでしょう。

福利厚生

リクルートスタッフィングの福利厚生は下記の通りです。

 

  • 各種社会保険完備
  • 育児・介護休暇制度
  • アニバーサリー休暇
  • 定期健康診断
  • 財形貯蓄制度
  • 社員持株会制度
  • 確定拠出年金制度
  • インセンティブ制度
  • 在宅勤務手当制度

 

コロナ禍で在宅勤務が推奨されている中で、在宅勤務手当が用意されているのは嬉しい制度ですよね。アニバーサリー休暇の他にも、フレックス休日なども用意されています。

ワークライフバランス

フルリモートが可能で、フレックス制度も導入されているため、ワークライフバランスを保ちやすい企業といえます。有休も取りやすく、プライベートの都合で働く時間や場所を調整しやすいという社員も多いようです。

 

一方で、業務量が多いため、自らでしっかり時間をコントロールするのが重要です。業務量が多いからといってみんな遅くまで残業している、ということもあまりなく、「短く、濃く、いきいきと働く」をモットーに、社員はワークライフバランスを調整しながら働いています。

リクルートスタッフィングのやりがい・社風

次に、リクルートスタッフィングのやりがいや社風を紹介します。

やりがい

リクルートスタッフィングだけでなく、リクルートグループ全体にいえる話ですが、ある程度自分の裁量で動かせるものが多く、業務の設計〜実行までを自ら推進して自身の力で出した成果を明確に測ることが可能です。

 

また、成果へのコミット意識も高く、成果を出して目標を達成することへの賞賛意識も強いため、成果を出すことで周囲からの評価や待遇も上がっていくことでしょう。成果が正当に評価されれば、大きなやりがいにつながるはずです。

社風

リクルートスタッフィングは、未経験でも手を挙げればチャレンジの機会を提供してくれる会社です。「人の成長を応援する」というスタンスの方が多く、挑戦を歓迎する雰囲気があります。新規事業アイデア募集の仕組みがあったり、若くても昇進のチャンスがあったりと、実力次第でさまざまな経験を積むことが可能です。

リクルートスタッフィングの評判・口コミ

  • 営業/在籍5年目/女性

ミッショングレード制で、新卒でも成果を出せばどんどんグレードがアップするので、やる気につながります。同業他社と比べると給料は高いですが、その分目標も高いので業務量が多くなります。

 

  • 営業/在籍6年目/女性

営業はどの部署も風通しが良いフラットな環境です。実績を出して管理職志望であることを伝えていれば、昇進もしやすいです。目標達成さえできればスケジュールも自分で調整できるため、有休なども取りやすいです。人間関係も良く、衝突することがほとんどありません。

 

リクルートスタッフィングの評判や口コミを見てみると、全般的に評価が高いことが伺えます。待遇面、社員の士気、風通しの良さなど、さまざまな観点から社員に高評価を得ています。従業員が適切な評価を受けながらやりがいのある仕事を良い仲間とできている、働きやすい環境の会社といえるでしょう。

リクルートスタッフィングの募集職種

ここからは、リクルートスタッフィングで実際に募集している職種を3つ紹介していきます。

セールス・派遣営業

人材派遣サービスを企業に提案する営業パーソンです。人材ニーズがある企業を発掘し、ヒアリングを重ねながら人材派遣を獲得します。その後、実際に派遣スタッフを紹介し、業務確認しながらスタッフの就業フォローなど行う仕事です。

BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)営業

事業規模拡大中のアウトソーシングサービスで、営業をする職種です。事務職メインで業務委託提案や業務設計・運用管理などを行います。新規プロジェクト獲得に向けての提案、プロジェクト開始までの導入支援、その後人材の戦略立案やプロセスの可視化、体制構築のサポートなども業務内容です。

BPO/プロジェクトマネージャー

お客様からアウトソーシングされたプロジェクトの立ち上げと安定運用を担う職種です。

委託元の顧客ニーズを適切に把握し、SLAの設定、KGI/KPIの設定を行い、週次/月次でレポーティングします。

リクルートスタッフィングの転職難易度

リクルートスタッフィングの転職難易度は、人材派遣業界の中では比較的高い傾向にあります。そもそも人材派遣業は無形商材ビジネスとなっており、目の前に存在する有形物を営業するよりも、営業の難易度は上がります。その点から、営業職の選考も他社より厳しいものになりやすいです。

 

また、自由度が高く裁量を持てる職場だからこそ、選考は一定の難易度があり、自ら業務を推進して責任を取れる人材かどうかが見極められます。リクルートスタッフィングの選考を受ける際は、しっかり対策をして臨みましょう。

リクルートスタッフィングの面接の傾向と対策

では、リクルートスタッフィングの面接傾向を確認しながら対策方法をチェックしていきましょう。

選考フロー

選考の流れとしては、下記のようになります。

 

  • 書類選考
  • 一次面接
  • WEBテスト
  • 二次面接

 

選考機関としては2週間〜1ヶ月を見ておきましょう。一次面接の後にWEBテストがあるので、しっかりと対策を忘れないようにしてください。

面接の傾向

リクルートグループの面接では、単純に過去の実績や経歴を聞くだけでなく、その時なぜそういう選択をしたのか、なぜそういう考えに至ったか、選択の上で何を重視しているか、など、過去の行動や選択の裏側にあるあなた自身の思いや価値観を深堀りする質問を多くされます。

 

また、志望動機についても「それはなぜ?」と深堀りされていきます。「なぜ?」と深ぼっていくことによって、候補者の考え方の根底にあるその人らしさや価値観を見ているのです。

面接対策

自分の過去の経歴について、重要なポイントで自分が考えたことや重要視した軸、選択の決め手などを改めて振り返って、自己分析をしておきましょう。思い出しながら話すと一貫性のない話になってしまう可能性もあります。話に一貫性がないと、芯の通っていない人物といった印象を受けてしまうため、これまでの自分を振り返って、どういう人間だったのかをすらすらと説明できるように準備してください。

 

また、志望動機をしっかりと練っておく必要があります。具体的で納得度の高い志望動機を作るためには、業界や競合の理解が不可欠です。業界構造や競合について知らずに志望動機を語っても、抽象的でリクルートスタッフィングである必然性が分からずに、「それは別の業界でも良いのでは」「同業他社でも良いのでは」と面接官に思われてしまいます。

 

人材派遣業というビジネスがどういうモデルのビジネスなのか、そしてその中でリクルートスタッフィングはどういうポジショニングなのかをしっかり頭に入れた上で、さらに募集している職種や求める人材に自分がフィットするかを考えておきましょう。

リクルートスタッフィングへの転職に関わるQ&A

ここからは、リクルートスタッフィングへの転職に関わるQ&Aを紹介します。転職をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

リクルートスタッフィングに向いている人は?

向いている人の特徴としては、成果へのコミット力が高く、人材業界・転職市場をもっと良くしたいという強い思いを持っているという点です。

 

また、指示されないと動けない方や、その時その時で自らに必要な動きを自ら定義できない方には、リクルートグループ自体があまり合っていません。リクルートグループは個々人の能力値が非常に高く、自立したプロ集団で成り立っています。リクルートスタッフィングにおいても、いかなる職種であれ自らオーナーシップを持って業務を推進できることが求められます。

リクルートスタッフィングへの転職で求められるスキルは?

転職で求められるスキルは職種によって異なりますが、もっとも普遍的なスキルはコミュニケーションスキルでしょう。人材派遣業なので、派遣先の企業や派遣スタッフなど多くの方とコミュニケーションを取る機会がたくさんあります。話が分かりやすく、会話していて気持ちの良いコミュニケーションが取れることが非常に重要です。

リクルートスタッフィング社員に関する情報もチェック!

転職では、転職先の企業の情報をどれだけ集められるかが成功のポイントです。本来であれば、企業のホームページの他に、TwitterやFacebook、noteなどで情報を集めるのが良いですが、リクルートスタッフィングはTwitterやFacebookが更新されていないため、ホームページのニュースページから情報を確認するのが確実です。

 

詳しい内情を知りたいという場合には、下記のような元社員の方の情報をチェックしてみると良いでしょう。

 

リクルートスタッフィングへの転職ならサムライソウル

リクルートスタッフィングへの転職をご検討されている方は、ぜひサムライソウルをご利用ください。リクルート出身のコンサルタントたちによる手厚い転職サポートを行っており、リクルートスタッフィングを含むリクルートグループへの転職実績が業界トップクラスです。

 

これまでにさまざまな求職者の転職サポートを行ってきたノウハウと独自の面接対策によって、多数の実績を挙げています。その確かな実績を持って、あなたの内定まで、転職活動を伴走しますので、ぜひ下記のフォームからお問い合わせください。

 

お問い合わせ

まとめ

この記事では、リクルートスタッフィングの会社概要や社風、選考フローなどをまとめました。転職難易度が高い企業ですが、従業員からの評判が良く将来性もある企業です。選考を受ける場合には、しっかりと対策を行いましょう。リクルートスタッフィングの社風に合わせて自分をアピールするにはどうすれば良いのか分からないなど、書類選考や面接の対策が不安な方は、ぜひサムライソウルにご相談ください。

\/
無料で転職相談をする