【vol.10】祝!転職体験談〜内定の決め手は自己分析!SIerからゼクシィの法人営業に内定〜

リクルートへの転職希望者から多くの相談を受けているサムライソウルでは毎月たくさんの方がリクルートグループに入社をしています。
今回は大手SIerからリクルートマーケティングパートナーズに内定をされ、内定の決め手は自己分析にあったと語るTさんの転職体験談をお届けします。

SIerのプロマネからリクルートマーケティングパートナーズに内定したTさんの転職体験記

■内定者Tさんのプロフィール
25歳
新卒で大手SIerに入社し金融業界の基盤システム開発のプロジェクトマネジメントを経験。
2018年4月にリクルートマーケティングパートナーズのゼクシィ関西営業部に入社予定。

転職のきっかけ

-Tさんは新卒で大手SIerに入社をされていますが就職活動の時はどのような軸で活動されていたのですか?

Tさん:新卒の時は正直、深く考えていなかったですね。ただ視野を狭めたくないとは思っていたので例え配属先が合わなかったとしても違う部署で違う仕事ができる可能性のある大手がいいかなと考えていました。あとは理工学部出身でSI業界に行く先輩が多かったので教授推薦もあり大手SIerに就職を決めました。

—そこではどのような仕事をされたのですか?

Tさん:2年間、システム開発の仕事をしていました。私が担当していたのは金融業界の基盤システムを作る仕事でした。プロジェクトマネージャーという立ち位置でお客さんの会社に常駐をし、システムの要件を詰めて開発管理をしていました。

—転職を考えたきっかけは何だったのでしょうか?

Tさん:開発の仕事はお客さんに求められるものを、仕様通りにミスなく限られたコストで納品するのが仕事でした。与えられたものをどれだけミスなく完璧にできるかを求められるので、これは私がしなくてもいいのではないかと思うようになりました。1年目のことです。とはいえまだ社会人1年目ですし社会や仕事に慣れていないだけ、仕事ってこういうものなのかなと思いとことんやってみよう思いました。そんな中、OJTで新規開拓営業をやることになったのですが自分で考えて自分で行動する新規開拓営業の仕事にこういう仕事があるんだ!と感銘を受けました。同時に自分で考える仕事をしたいと強く思うようになりました。あとプライベートで、大学時代からの趣味の延長で動画制作をしていました。サークルの動画を作ったり会社のイベントで作ったりしていました。そこから知り合い経由で動画制作の依頼がくるようになり結婚式の動画を作ったりしていました。この動画制作の依頼もだんだん増えてきて、作りながら思ったのがやっぱり自分は自分で考える仕事がしたいということでした。

転職エージェントとの接触、サムライソウルとの出会い

-転職をしようと思ってから最初にされたことは何ですか?

Tさん:はじめに転職サイトに登録をしました。たまたま有給をとった日があったのでその日にスカウトメールをくださったエージェント3社と会うことにしました。サムライソウルの小塚さんにもここで初めてお会いしました。

—たくさんのスカウトメールの中でどのように3社を絞ったのですか?

Tさん:動画制作の経験から映像系の会社に興味がありました。この志向を汲み取って求人の提案をしてくださったのが3社でした。実際に面談をしてみたところサムライソウル以外の2社の担当者の方がかなりビジネスライクでした。僕たちはこんなことをやっている会社ですという自社説明があり固くて少しやりにくそうな印象でした。その点、小塚さんは雑談ベースでなぜ転職をしたいのかといった話を聞いていただきとても親しみやすく、心理的な距離が近そうだと思いサムライソウル1社に絞って転職活動をすることにしました。

—どういった企業を受けられましたか?

Tさん:もともと興味があったリクルートグループの中からリクルートキャリア、リクルート住まいカンパニー、リクルートマーケティングパートナーズの3社を受けました。あとはリクルートと社風が似ていそうなDeNAや映像系の企業などです。小塚さんのアドバイスのもと10社近く受けました。

—複数社受けられたとのことですが、リクルートはどのような順番で受けられましたか?

Tさん:リクルート住まいカンパニー、リクルートマーケティングパートナーズ、リクルートキャリアの順で受けました。ポジションはいずれも営業です。

—理系でSIerにいらしたのですが営業希望だったのですね。リクルートテクノロジーズも受けなかったのですか?

Tさん:はい、受けていません。現職を通じてこれは私がやりたい仕事ではないと思っていましたし自分の志向が営業にあったのでリクルートも営業に絞って受けました。

リクルート住まいカンパニーの面接内容

—はじめに受けたリクルート住まいカンパニーの面接内容を聞かせてください。

Tさん:最初の面接相手は現場の方だったと思います。聞かれたのは転職の理由とそこからの深掘りでした。あとはモチベーションの源泉は何か?そのきっかけは何か?といったことも聞かれました。

—感触はいかがでしたか?

Tさん:小塚さんと自己分析をしてしっかり考えがまとまっていたので質問にはきちんと答えられたと思います。感触はよかったです。

—結果は?

Tさん:一次面接を通過して最終面接の連絡をいただいたのですが一番志望度の高かったリクルートマーケティングパートナーズから先に内定が出たので最終面接は辞退しました。

—次に受けたのはどちらですか?

Tさん:リクルートマーケティングパートナーズです。

リクルートマーケティングパートナーズの面接内容

—リクルートマーケティングパートナーズはどちらのポジションで受けられたのですか?

Tさん:もともとゼクシィの営業志望だったのですが、スタディサプリの営業も同時に受けられるとのことだったのでこの2つのポジションで受けました。

—一次面接についてどんな内容だったか聞かせてください。

Tさん:一次面接は人事の方でした。今の会社の新規開拓営業でどのような仕事をしたのかの深掘りをされました。どういった考えでどんな仕事をしたのか?取り組みに対してどういう考えでアプローチしたのか?といったことです。あとは転職理由も聞かれました。

—感触はいかがでしたか?

Tさん:面接の途中で、ゼクシィで選考を進めたいと言われたので次の選考に進める前提と解釈しました。ですから感触はよかったように思います。

—なぜゼクシィなのか説明はありましたか?

Tさん:スピード感をもって働くならゼクシィの方がいい、との話でした。もともと私自身も結婚式の動画を作っていた関係でブライダル業界に興味を持っていましたし業界の方と接する機会もありました。その中でリクルートの姿勢や噂については耳にしていました。PDCAをたくさん回して市場価値を高めたいという理由からリクルートを志望するようになり仕事内容は興味がある方がいいとゼクシィを希望していました。

—一次面接の結果はすぐ来ましたか?

Tさん:リクルートマーケティングパートナーズの選考はかなりスピード感がありました。一次面接の次の日か二日後には連絡が来ました。そこから1週間後くらいに最終面接が設定されました。私が受けたタイミングのゼクシィ営業は関西にしかポジションにあきがないということでした。スタディサプリですと東京に空きがあったようで勤務地を取るかやりたい業界を取るかでかなり迷ったのですが若いうちなら見知らぬ土地でもやっていけると思いやりたいことを取ることにしました。面接の相手は大阪の営業GMの方ともう一人部長クラスの方が同じく大阪からいらっしゃるとのことでした。この2名がちょうど東京に出張にくるタイミングがありそこで最終面接をすることになりました。

—最終面接は東京で行われたのですね。どんなことを聞かれましたか?

Tさん:現職でどのような仕事してきたか、新規営業ではどのようなことをやったか、転職理由、そこから深掘りで色々聞かれました。どういった時にやりがい感じるか、一番辛かったことは何?といったことも聞かれました。感触はよかったと思います。面接が終わる頃には気に入っていただいたようで一緒にやっていこうという雰囲気でした。正式に内定通知が来たのは最終面接の3日か4日後だったと思います。第一志望だったのでホッとしましたし今の会社にとどまる選択肢がなくなりとても前向きな気持ちになりました。

—面接時に答えに詰まるようなシーンはありませんでしたか?

Tさん:小塚さんとモチベーションの源泉や自己分析についてはがっつり時間をとって一緒にやっていただいていたので面接の質問は予想通りでした。逆に言うとあの対策がなければ全ての面接がうまく行かなかったかもしれません。

—リクルートマーケティングパートナーズから内定が出たタイミングで転職活動を終了されたのですね。

Tさん:リクルートグループの2社については選考を辞退しましたがネット広告や映像を手がけるベンチャー企業の社長面接が控えていてそちらは面接を受けました。内定もいただいて勤務地も東京でしたしかなり迷いました。この時期、映像製作の依頼も増えていて皆東京の方だったので関西に行くことに少し抵抗がありました。ただ体力さえあればいつでも東京には帰ってこられると思いました。あとベンチャーは幅広い業務ができるのが魅力である反面、いまの自分に必要なのは社会人として営業の基礎力をつけることだと思っていました。基礎がないことには応用もできないので。そう考えるとリクルートで基礎をつけたいと思いました。リクルートマーケティングパートナーズの最終面接で自分に合うなと感じたのも大きかったです。

リクルートキャリアの面接内容

—リクルートマーケティングパートナーズに入社を決められたとのことですが、リクルートのキャリアの面接についても聞かせていただけますか?

Tさん:聞かれたことは転職理由の深掘りとやりたいこと、転職活動の軸の深掘りでした。こちらも質問の答えに詰まることはなく考えを話せたので感触はよかったです。その後、最終面接の連絡をいただきましたが辞退しました。

リクルートの面接対策

—お話を伺っていてリクルートグループの面接はどれも順調だったようですが、面接対策はどのようにされましたか?

Tさん:小塚さんと1:1で過去を振り返る自己分析をする時間をもち、これが面接対策に本当に役立ちました。やったことは幼少期からの出来事を1つ1つ振り返り、その時どう思ったのかひたすら小塚さんからの質問に答えていきました。質問ベースで自分がどう言う人間だったのか、どういう価値判断で動いてきたのかをしっかり把握でき自己分析ができました。あとは移動時間などの隙間時間で何がやりたいのか漠然と考えたり、どういう人間になりたいのかは常に自問をしていました。こういった思考の積み重ねが面接対策になったと思います。

—サムライソウルからリクルートに内定をされた方は面接対策シートが役に立ったとおっしゃっていましたがTさんはシートは使わなかったのでしょうか?

Tさん:あまりちゃんとやっていません(笑)。シートを眺めてこういう質問が来るのか、こう聞かれたらこう答えようとざっくり頭では考えていました。ただそれを文章にして添削をしてもらうというようなことはやりませんでしたね。

—それでも面接の質問に答えられたということはかなり思考がクリアだったのですね。

Tさん:そうだと思います。何を聞かれても本当に面接官が聞きたい根源は共通すると思うのでそこについては小塚さんとの自己分析を通じてかなりクリアになっていました。ある意味何を聞かれても大丈夫だという安心感はありました。

リクルートグループについて気になっていたこと

—リクルートを受けるにあたって気になったことやインターネットで調べた情報はありますか?

Tさん:Newpicksのリクルート関連の記事は読んでいましたがそれくらいだと思います。あとは現職での2年間、そこまでバリバリ働いていたわけではないのでリクルートに入社して通用するのか?いきなり仕事量が増えるとどうなるのか?といった不安はありました。安定した日本企業からの転職なので社風も180度違います。入社後が楽しみという期待と不安が半々な感じです。ただそういった気になることをネットで調べたりということはしていないです。まあどこかで何とかなるだろうとも思っていたので(笑)。

サムライソウルの転職サポート

—サムライソウルの転職サポートで良かったところはどんなところでしょうか?

Tさん:担当の小塚さんは自己分析をとにかく一緒にやってくれましたし、雑談もいっぱいしました(笑)。サムライソウルのオフィスと自宅が遠かったのですが億劫にならずに楽しく転職活動ができたのは小塚さんのお陰です。最後にどの企業に転職するか迷った際も親身になってずっといっしょに悩んでくださいました。本当に安心して、それでいて気楽にお付き合いさせていただきとてもやりやすかったです。12月にサムライソウルに接触して2月には内定をもらったのですがこのスピード感で転職活動ができたのも小塚さんのお力だと思います。

リクルート転職希望者の方へ

—転職活動中に力を入れたことや意識をしていたことはありますか?

Tさん:空き時間に自分は将来どうなりたいかは常に考えていました。答えが出なくても考えて小塚さんとの面談でアウトプットをしてフィードバックをするということをとにかく地道に続けました。正直、就職活動の時はいい言葉を並べて自分をよく見せるようなこともしましたが転職でこれをやってもしょうがないと思い、嘘のない自己分析を意識しました。

—このブログを読んでいるリクルートグループ転職希望者にアドバイスをいただけないでしょうか。

Tさん:自分のモチベーションの源泉を見つけ、それを自分の言葉で言えるまでにクリアにすることが何より大切なことだと思います。自己分析というとありきたりな言葉ですが自分を知ることの大切さを今回の転職活動で実感しました。リクルートの面接で聞かれることは大体このモチベーションの源泉に繋がると思います。逆にここさえクリアにすれば突破しやすいのではないでしょうか。ただ自分一人で自分を掘り下げるのはとても難しいと思います。どうしても過去の自分を客観視できずにバイアスが入ってしまいます。過去の事実をありのまま受け止められずなりたい自分に解釈を変えてしまうこともあると思うので客観的に自分を見てくれる人がいれば深まり方も違うと思います。私の場合はこれをサムライソウルの小塚さんに一緒にやっていただきましたが、これを一緒にやる相手には偽りのない自分を伝えることが大事だと思います。最初に接触した2社のエージェント担当者はとてもビジネスライクで自分をさらけ出すことはできなかったと思うのでそういう意味でもサムライソウルさんをエージェントに選んで良かったと思いました。

—入社は4月1日とのことでもう間も無くですね。入社後にどのように成長していきたいか、またリクルートを卒業したあとはどんな未来を描いていらっしゃるか聞かせてください。

Tさん:ひたすら考えてPDCAサイクルを高速で回し続けることに没頭したいと思っています。アクションをして反省をしてまたアクションをする。これをがむしゃらに繰り返すことでどれだけ成長できるか、そんな自分を見て見たいという思いがあります。大学の頃からイベント企画が好きだったので最終的には人に喜んでもらったり感動してもらえるような事業を自分で展開できるようにしたいと思っています。

貴重なお話、ありがとうございました!Tさんのご多幸とご活躍を心よりお祈りしております。

■リクルートへの転職希望者はサムライソウルまで

サムライソウルでは、リクルート出身者だからこそできる転職サポートがあります。

(1)リクルート出身者だからこそお話できること

―分社化したけど、どの会社がいいか?
―仕事内容は?
―社風は?
―面接の内容は?

実際に、新卒から8年間リクルートにいたからこそお話できることがたくさんあります。
採用面接官の経験もあるので、面接で何を聞かれるか?どこを見ているか?もお話できます。

(2)リクルート社内の豊富なネットワーク

転職に大切なのはネットワークだと考えています。
ある部署では必要ない方も、ある部署だと必要とされる、こんなことがつきものです。
リクルートのどの会社がいいか?どの仕事がいいか?キーマンは誰か?当社はきちんと把握しています。
またどのポジションを受けるにしても、迷った時は社員をつないだり、質問を聞く事などで対応することも可能です。

(3)最短距離での転職をお手伝い

リクルート各社の人事や現場責任者はかつての同僚も多く、より精緻な情報提供が可能です。

相談を希望される方はこちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせはこちら

転職相談は
こちら