大企業の中のベンチャー、リクルートキャリアのRPOの求人情報

こんにちは、サムライソウルの粕谷です。

今回は今までと趣向を変えて、リクルートの中で今アツイ求人をご紹介したいと思います。
今、リクルートキャリアの中で一番と言っても過言ではないほどアツイ求人が「RPOコンサルタント」です。

RPOコンサルタントとは?

RPOとはリクルートメント・プロセス・オプティマイゼーションの略。
事業戦略に基づき、採用戦略の立案から、採用手法の選定、採用といった実行フェーズまで一貫して支援するサービスです。

大手企業では新卒採用・中途採用を合わせると年間数百人~1000人単位の人を採用しています。
現場からの要望や事業戦略に応じて人材要件(どんな人が欲しいか)を吸い上げ、募集をかけ、採用を行います。
採用人数が増えればそれだけ、募集チャネルも増え、応募者だけでも数千~数万に及びます。
これを管理するだけでも大変な労力ですが、人事はただ採用して終わりではなく、彼らの育成や定着までをも見ていきます。

そんな大手企業の人事業務を一気通貫でクライアントとリクルートが一体となって行うサービスがRPOコンサルティングです。
具体的には大手企業の人事の名刺を持ち、その会社の人事担当として採用戦略の立案から実際の採用まですべてを行います。

クライアントの人事として仕事をしますので競合サービスも必要あればもちろん使います。
既存のサービスで課題を解決できるものがなければサービスそのものを開発します。

現場の最前線で人事のコンサルテイングをしながらサービス開発も行うというかなり特殊なポジションです。
リクルートキャリアが社運を賭けているプロジェクトということもあり、求めるレベルは高いですが、入社後はHR事業の中枢でご活躍いただけます。

RPOがどんな仕事かについてはこちらの記事も大変参考になりますのでご覧ください。

●NEWS PICKSより 戦略人事を担うRPOを普及させ、企業の事業変革を実現する
●日本の人事部より 採用の進化を担うリクルートのRPO 経営戦略に貢献する採用活動を実現

RPOコンサルタントに求める人材像は?給与・年収は?

上記の仕事内容から求めるレベルがかなり高いことが想像されると思いますが、リクルートキャリアが求めている経験は「法人営業・コンサル・人事等いずれかの経験保有者」です。

そのほか求める能力として「柔軟且つ懐に飛び込む対人能力/自身で主体的に課題を捉え、やり切る力/物事を構造的に捉え考察する力/社内外のメンバーの巻き込み力」を挙げています。

お給料については詳細はお問い合わせ頂きたいと思いますが

●想定年収 550万~800万円

となっていますのでミッショングレードでいうとR30~R40くらいを想定していると言えそうです。
※ミッショングレード制についてはこちらの記事をご覧ください

もちろん入社後の活躍次第でミッショングレードがUPするにつれ、年収も増えていきます。
こちらはあくまで入社当初の年収イメージです。

人材や組織、新しい領域に対しての知的探求心をお持ちの方、既存の枠組みや自社製品に囚われず、新しい手法を開発・実施したい方にはとても刺激的な環境だと思います。

また詳しくはお問い合わせ頂いたあとにお話したいと思いますが、このRPOコンサルタントの内定者プロフィールは

・大手電機メーカーの人事 20代後半
・大手広告代理店グループ会社の法人営業20代後半
・大手SAP企業の法人営業 23歳

という方が内定しています。
また残念ながら不合格になった方々がなぜ不合格になったのか?についても弊社で情報収集したものもあります。
私の古巣で知り合いも多いので興味のある方は是非、この求人には応募する前に、以下からお問い合わせください。

■リクルートへの転職希望者はサムライソウルまで

サムライソウルでは、リクルート出身者だからこそできる転職サポートがあります。

(1)リクルート出身者だからこそお話できること

―分社化したけど、どの会社がいいか?
―仕事内容は?
―社風は?
―面接の内容は?

実際に、新卒から8年間リクルートにいたからこそお話できることがたくさんあります。
採用面接官の経験もあるので、面接で何を聞かれるか?どこを見ているか?もお話できます。

(2)リクルート社内の豊富なネットワーク

転職に大切なのはネットワークだと考えています。
ある部署では必要ない方も、ある部署だと必要とされる、こんなことがつきものです。
リクルートのどの会社がいいか?どの仕事がいいか?キーマンは誰か?当社はきちんと把握しています。
またどのポジションを受けるにしても、迷った時は社員をつないだり、質問を聞く事などで対応することも可能です。

(3)最短距離での転職をお手伝い

リクルート各社の人事や現場責任者はかつての同僚も多く、より精緻な情報提供が可能です。
相談を希望される方はこちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせはこちら

転職相談は
こちら