データサイエンティストへの道 [Part1] データサイエンティストを理解する

データサイエンティストを理解する

 

 

データサイエンスとは

データサイエンスとは読んで字のごとくデータのありようを研究する学問である。
歴史は古く1960年代にはすでにデータサイエンスという言葉は英語圏にはあり、職業としてのデータサイエンスが日本で普及したのは2010年代初頭になる。
定量データの普及とともに多く聞かれるようになり、データが少ない状態では付加価値の高い分析やパターンを導きづらかったのに対して計算処理の高度化とユビキタス社会を背景に計量データが手軽に管理できるようになった。特にスマートフォンの普及さらにはIoTの普及はデータの取得を爆発的に増やすこととなり、このような眠ったデータを活用する需要が出てきた。
2000年代はDWHにデータを貯めておいて、いつでも使えるようにするといったことが流行ったものの、莫大に予算が必要になるものの、成果が見えづらいという難点があった。それがデータ処理基盤の強化に伴ってデータに付加価値をつけてビジネスをより盛り上げるという観点でビッグデータという言葉とともにデータサイエンスという言葉が普及していった。

データサイエンティストとは

データサイエンティストはデータサイエンスを武器にビジネスに貢献する職業になる。大別すると基礎、応用、エンジニアで構成されている。
基礎とは基礎研究を指し、ビジネス事象に対して新たなモデルを用いて解釈し論文や学会発表を通して所属企業に貢献することを指す。
応用は基礎研究をビジネスへの応用することによって直接ビジネスに貢献することをさす。多くのデータサイエンティストはこれを想像される。
最後にエンジニアは応用を実現するためのデータ収集、解析基盤を指す。何れにしても応用数学に親しんでいる必要があり、数学+ビジネスへの高度な理解を通してデータサイエンティストになることが望ましい。

データサイエンティストはどんな仕事をするのか


今やデータを生み出さない分野はなく、データを創出する業界全てにデータサイエンスが必要とされているため、多くのデータサイエンティストが必要とされている。
一方でデータサイエンティストにどのような仕事を任せるのが適切なのかといったことが明確に認識されている会社は多くはないのが現状である。
本コラムを通じてデータサイエンティストがどのような職業であるのか、また一方で企業サイドにはどのような仕事を任せるべきなのかという理解が進むことを考えて書いていこうと思っている。
簡単に述べると上記三種類に分別した仕事がそれぞれある。
基礎は他社との技術的な差別化を行うための研究を行なっていく。その成果として学会発表や論文公開をすることで一般に広く会社をPRすることもあるが、その前に特許を取ることが求められる。
応用は特許を取った基礎技術を応用したり、ビジネスで設定されたKPIを達成するために何が欠点となっているのか調査したり、データ分析結果を使ったサービス設計をしたりする。基礎に比べるとよりビジネスに対する理解を求められる。
エンジニアはリアルタイム基盤を構成したり、BIを開発したり、数学を利用した集計基盤を開発する。データは爆発的に増えているため集計から分析まで重要性が増しているとともに技術的な難易度があがっており、常に勉強できる人材が適していると言える。

■データサイエンティストへの転職希望者はサムライソウルまで

サムライソウルは、データサイエンティストへの転職支援や特別面談を実施しております。

(1)データサイエンティストへの豊富な転職実績

メガベンチャーをはじめ、様々な企業のデータサイエンティスト求人の取り扱いが有り、豊富な転職支援実績があります。

<直近のサポート実績>
・国立大学(理系)、大手通信系企業、エンジニア、29歳
→ メガベンチャー、データサイエンティスト

・私立大学大学院(理系)、大手電機メーカー、システム開発、30歳
→ データ分析・AI活用企業、データサイエンティスト

・国立大学(理系)、大手情報・通信企業、データサイエンティスト、29歳
→ 大手情報サービス企業、データサイエンティスト

具体的に企業が求めている人物像やスキル、また面接や選考内容について豊富な情報量を持っていると自負しています。

(2)データサイエンティストによる特別面談

エージェント経由で転職活動を行うなかで
「エージェントが案件について何も知らない」
「エージェントの知識がなく求職者と同じ目線で会話ができない」
上記のようなお気持ちを持たれる方は多いかと思います。
弊社ではこうした“求職者の不”を解消するような特別面談をご用意しております。

弊社には国内大手EC企業、最大手ネット広告代理店、総合広告代理店等でデータサイエンティストとして従事してきた者がコンサルタントとして在籍しております。
ネット広告代理店時代には人事の経験もあるので、面接対策、貴殿の今後のキャリアについて、案件のご説明など、必ずお役に立てるかと思います。

データサイエンティストへの転職相談を希望される方はこちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせはこちら

転職相談は
こちら